レーザー脱毛と光脱毛比較!どっちがオススメ?

美容

どうも、ゆめとです。

前回ご紹介したヒゲについての記事から、今日はレーザー脱毛と光脱毛の違いについてご紹介します。

ボクの結論

 

短期間でしっかり確実に脱毛したい人は「レーザー脱毛」

時間が掛かっても低コストで脱毛したい人は「光脱毛」

 

脱毛には大きく2つの方法があります「光脱毛」と「レーザー脱毛」です。この2つには明確な違いがありそれによって得られる効果も違います。

今日は、それぞれの特徴を知ってもらい自分に合った施術を考えてもらえたらと思います。

それではいってみよう!

知らないと後悔するかも?レーザー脱毛と光脱毛は全然違う!

施術を行う機関が違う!

まず、施術でしようする機会が違う。

  • レーザー脱毛・・・医療機関
  • 光脱毛・・・エステサロン

この2つの脱毛法はメラニン色素に反応するという原理は同じだけど強さと種類が違う。なぜ機関によって明確に違うのか?それは冒頭にも触れた「医療行為」かどうかということ。

厚生労働省により

 用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為

は「医療行為」であると定義されているためレーザー脱毛は医師の居るクリニックでしか行えない。

原理が一緒で効果同じならどっちでもいいんじゃない?と思うよね?そのあたりをもっと掘り下げてみよう。

永久脱毛って永久じゃないの?

永久脱毛は一生毛が生えないという意味だとボクは思ってた。実際、施術が成功すればムダ毛がだんだん薄くなっていき、最終的に毛が生えてこなくなるらしい。けど、施術をしなくなってから何年後かにはちょろちょろと生えてくる可能性があるということ。

「全然永久じゃない!」

そもそも、永久脱毛とは

最後に脱毛施術を受けてから1ヶ月後、毛の生えている割合が20%以下であること

という定義らしい。つまり最初から永久的な脱毛は保証されていない。そしてこの定義を満たすのは「レーザー脱毛」だけ!じゃあ光脱毛は意味がないのか?

光脱毛は「不再生脱毛」!

「不再生脱毛」ボクはそんな言葉初めて聞いた。脱毛って全部永久脱毛だと思ってたし、永久脱毛ですら永久じゃないんなんて・・・。それじゃあ、不再生脱毛とはなんなのか?

結局のところ、光脱毛が「永久脱毛」の定義を満たさないため代わりの名称をつけただけなんだけど。

脱毛するためには、毛の奥の毛根にある毛乳頭を破壊する必要がある。毛乳頭とは、毛に栄養を送り育てる場所のことで、毛母細胞が含まれていて「レーザー脱毛」がコレを破壊する強さを持っているところを「光脱毛」では1度で破壊することができないため何度かの施術による蓄積ダメージで破壊する。

これが「不再生脱毛」。

メリット・デメリット徹底比較!

施術の違いを理解してもらったところで、効果の速さの違いについてはなんとなくわかってもらえたとおもうけど、その他のメリット・デメリットを見てみよう。

レーザー脱毛(医療脱毛)

メリット

  • 永久脱毛である
  • 光脱毛よりも短期間で完了
  • 医療機関なのでケアも安心
  • メラニン色素を破壊するので肌が綺麗になる

デメリット

  • 1回あたりの施術費用が高い
  • 威力が強いため肌へのダメージは大きい
  • 光脱毛よりも痛みが強い

光脱毛(サロン脱毛)

メリット

  • レーザー脱毛よりも施術費用が安い(半額程度)
  • 威力が小さいので肌へのダメージは小さい
  • レーザー脱毛よりも痛みが弱い

デメリット

  • 施術期間が長い
  • 永久脱毛ではない

まとめ

メリット・デメリットとしていろいろとあげましたが、施術後のアフターケアについてはよほど悪質なエステサロンでない限り、しっかりとしたアフターケアをしてもらえます。なので個人的にはコストか施術期間、「永久脱毛」をポイントにして考えるといいと思います。

時代の流れもあり、今ではメンズサロンも増えて来ているので通いやすいと思います。

それでは、この辺で。

ブログランキング

応援してもらえると励みになります。
  ブログランキング・にほんブログ村へ

美容
つぎはぎな日々~ゆめとの恋愛とか人間関係論その他~

コメント