人の意欲を高める二つの公式とは?『本当にわかる心理学』より モチベーション編

心理学

どうも、ゆめとです。

これが20記事目!まだまだ成果は見えてこなくて落ち込んでますwそんなボクにぴったり今日はモチベーション編。

なかなか伸びないアクセスに、「SEO対策」とか色々気にしてみたけど、ボク的に失敗だったかな?という感じです。

成果が見えない毎日な上にそんな事ばかりを気にしていると本当に何も書けなくなってきます。だから、ブログって1ヶ月くらいで辞めてく人も多いんだって、成果ばかり追ってると『書くこと自体が楽しくなくなってくる』、今はとにかく自分の書きたいことを書いてこうと思います。

とにかく書き続けること!そうすればブログも自分も成長する。

そこで今日は昨日に続き、心理学の話

植木理恵先生著『本当にわかる心理学』より、『モチベーション編』行ってみよう!

「意欲」は生きていくうえでエネルギーの根源となる非常に重要なもの

これ!ボクが良く言う『生きるために夢をみよう』

みたいなやつ。

やっぱり、何かしらの目標や夢があるから人ってそこに向かって努力しようと思うんだよ。

『生きよう!』って思える。

達成志向行動は、『なんとしても成功したい』という成功接近傾向と、『とにかく失敗を回避したい』という失敗回避傾向葛藤の結果として生じる。

ということらしい、これについて下記に紹介していきたい。

達成思考行動=(成功接近傾向 ー 失敗回避傾向)

達成思考行動=(成功接近傾向 ー 失敗回避傾向)

と、難しそうに書いてあるけどボクが

『ブログ収益をあげたい!』でも

『全然成果が上がらなかったらどうしよう』

って考えてるのと同じ。成功のビジョンを思い描きながらも人はどうしても失敗することを恐れたり、不安に思う。

ここでポイントなのは失敗回避傾向はマイナスにしかならないってこと、せっかくの目標も失敗ばかりを気にしていたら何も出来ないままで終わってしまう。大袈裟な言い方だけど『失敗したって死ぬワケじゃない』くらいに思って行動してみよう。何も行動しないっていうのはその可能性すらゼロにする。

そして、会社の役員さんや親御さんあまり上からプレッシャーを掛けるだけでは寧ろ逆効果かもしれません。確かに仕事の失敗や学業の失敗、それは金銭的な話も絡んできますから成功を望む気持ちもわかる。でも、成功したかったのはきっと本人が1番!誰も失敗なんか望んでしないのだから、少し優しく見守ることも大事なのかな?って思うし。皆失敗を繰り返して来て今があるのだから。

達成思考行動=(動機×機体×価値)

達成思考行動=(動機×機体×価値)

ここでは、恋愛感情が例として挙げられている。

『恋人をつくりたいという動機』と『素敵な異性という価値』、『相手が自分に興味があるのかという期待』である。

著書でも書いてあるんだけど、これのポイントは乗算であることどれか1つでもゼロならゼロになるということ。

ボクの解釈として、動機と価値がゼロっていうことは無いんじゃないかな?この場合の問題は『期待』だね。相手に彼氏が居ればゼロだし、告白してフラれれば限りなくゼロ?でも心変わりがあるのが人だからそれも何とも言えないよね。

このブログでも、メールやラインの反応の話を取り上げているけど、脈アリだとか脈ナシだとかを気にしていてもそんなモノは結局自分の主観的な感覚であって、ちゃんと相手に確認するまでわからないよね?

それなのに何も確かめないままに自分で勝手に期待をゼロにして居たとしたら勿体ない話だと思わない?

ボクは

『キミが好き』ってまた言いたくなった。

まとめ

モチベーションを保つのってなかなか辛いと思います。人間が感情で生きる生き物である以上どうしても、揺れ動く、夢や恋人があるうちは幸せな気持ちでいっぱいになるけど、それが失われそうな時、失われた時、人の意欲は大きく失われるでしょう。

そうならない為にも、自己肯定感も大事なんです。著書にも何度となく取り上げられていますし、今回にも取り上げた話の中にも、失敗回避傾向とか期待とかっていうマイナス要因もありましたよね?そこをなるべく高くするには自己肯定感が大事なんじゃないかな?というのがここ最近心理学や恋愛コラムを読んでいるボクの思うところです。

今、夢に向かっている人、大好きな人が居るけど自分に自信が無い人。誰しも可能性はゼロじゃないとボクは思います。寧ろ、そこに向かって努力出来る人こそ魅力的なんじゃないでしょうか。失敗を恐れずに進んでみましょう。

それでは、この辺で。

ブログランキング

応援してもらえると励みになります。
  ブログランキング・にほんブログ村へ

心理学
つぎはぎな日々~ゆめとの恋愛とか人間関係論その他~

コメント