困難な恋ほど燃え上がる!ロミオとジュリエット効果

心理学

どうも、ゆめとです。

困難な恋、届かない思い程、恋愛は燃え上がります。

それはなぜか。今日は心理学の話。

渋谷昌三著『面白いほど良くわかる!他人の心理学』

人間は禁止されればされる程に気持ちが大きくなります。
それは何故なのか、それでは行ってみよう。

困難な恋ほど燃え上がる。

ロミオとジュリエット効果

障害がある恋愛が、より恋人同士を燃え上がらせる現象

これは文字通り、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』の物語を想像してもらえるといいかなと思う。

SNSやLINEなどが普及した現代で言うと、遠距離恋愛だったりとか、それこそ略奪愛のように簡単には会えない様な状況の2人。そんな状況がお互いの思いを募らせるのだ。

皆さんも経験が無いだろうか。例えば、つい最近まで定期的に会えて居た相手が急にタイミングが合わなくなって会えなくなってしまった。そうすると、なかなか会えないもどかしさだったり、会えない間も相手のことを考えることが増えていき叶わない願いを思う。

障害が愛を燃え上らせる?

干渉されると、自分の考えに執着するので、愛が深まったと感じられる

友人に好きな相手のことを否定されると人はよりその人に惹かれるそうです。

これは、自分の考えを否定される行為にあたりそれに反発してさらに相手への愛が深まる。というもの。

これは禁止されていることをやりたくなる心理にも似ていて、それを心理的リアクタンスというらしい。皆さんも子供の時に『危ないから行ってはいけない』と、言われると余計に気になってそこへ行きたくなることがありませんでしたか?

人間というものは、心理的に自分の考えや気持ちを否定されると反発したくなるもの。

そう考えると、友人の不貞行為を止めたい時は否定するよりも寧ろ賛成してあげた方がいいのかもしれない。

手が届かないほど燃える。入手困難効果

これは、アプローチしていてもなびかない相手に対して諦めるどころか逆に燃え上ってしまうということ。

これもは異性に限らずそういう場面があるんじゃないかな?どうしても欲しいものがあるけどなかなか手に入らない。

そんな時、どうしても手に入れたくて諦められなくなる。

もし、貴方が気になる人が居るのならば、相手の誘いにいつも応じるのではなくたまには予定を合わせずに断ってみましょう。そうすると、なかなか会えない状況に気持ちは膨らみ自然と貴方の事が気になってくるでしょう。

ただ、ここで注意するべきはあまり駆け引きをしすぎないこと。あまりに断りすぎると「あれ?脈なしかな?」と思われてしまう。

2.3回に1回などある程度の頻度をもって焦らしてみよう。

まとめ

皆さんも、なかなか手の届かない恋に燃えたことはありませんか?禁断の恋とか、秘密の恋というのはいつの時代も人を魅了するもの。それがあるだけで人は一層の興奮と快感を得るのかもしれません。

そして、好きという感情は抑えようとすればするほど膨らむものだとボクは考えます。感情を理性でコントロールするのが人間だとするならばそれが出来ないのもまた人間なのです。やはり頭とこころはいつも別物で、いくら頭で理解しようとしてもその気持ちは変わることの無いもの。

自分の中で気持ちが落ち着くまではその気持ちを自由にしてあげることそれが大事だとボクは考えます。

それでは、この辺で。

ブログランキング

応援してもらえると励みになります。
  ブログランキング・にほんブログ村へ

心理学恋愛
つぎはぎな日々~ゆめとの恋愛とか人間関係論その他~

コメント